青木ゼミ

記事一覧(68)

OBOG図鑑 No.6『ものまね70点』

青木ゼミについてーーー2016年度ゼミ長を勤めた木村さん。青木ゼミの思い出を伺いました!ひらいで「青木ゼミを選んだ理由についてお聞きしたいです。」木村さん「青木先生の情熱ですね。それに限ります。あともっとマーケティングを勉強したいと思っていました。そして説明会に行き、登壇していた先輩を見て言葉に出来ない惹かれる人がいて、その人と勉強できたらなにかいい学びが出来るのではないかと思いました。それが一押しになりました。」ひらいで「直感だったんですね!先生のどこに惹かれましたか?」木村さん「実はオープンキャンパス時から憧れていて。オープンキャンパスで先生の講義を受けて、おもしろい講義の仕方や内容を見てこの人のところで学びたいと思いました。推薦入試だったんですが、推薦書に青木先生の元で学びたいと書いたら、面接官が青木先生でした(笑)」ひらいで「そんな偶然あるんですね!!オープンキャンパスはどんな講義だったんですか?」木村さん「マーケティングでスターバックス事例をあげていて僕は栃木出身でその時町にお店が出始めた頃だったんですよ。500円くらいするコーヒーショップに行列ができることに疑問を持っていて、オープンキャンパスに行った時に、あれは空間を売っているんだよという話を聞いて、そういう物の考え方もあるんだというところに感銘を受けました。」ーーー18卒で一番の熱血漢でトップクラスの面倒見の良さを誇っていると思います。2017年のエキスパート活動で行った『熱血木村塾』コンセプトに惹かれ、当プロジェクトの4年生も複数名参加していました。ゼミに強い熱意をもって取り組まれていた印象がとても強かったです!!

OBOG図鑑 No.5『ロジカルシンキング』

青木ゼミについてーーー恥ずかしいんだよねと苦笑いを浮かべながらお話してくださりました。当時大学1年生の頃、なぜ青木ゼミを選んだのかをお伺いしました。ひらいで「青木ゼミを選んだ理由を教えてください」外山さん「これねー、恥ずかしいんだよね(笑)最初は、駒澤大学市場戦略学科に入ったところからなんだけど。大学入試の時経済学部で入試してて。経済って前提として『世の中の人が一番効率的な行動をとります』っていう学問なの。こうしたらこうなるはずだっていう理論で、机上の空論で理論でしかないっていうのがダメだろって思って、そこを克服する点が経営かな、マーケティングかなって思って、マーケティングの学校受けたんだ。まあ、駒澤は第二志望だったんだけど。でも3ヶ月ぐらい経って、全然だめだなって思って。だからゼミちゃんとしたとこ入んなきゃなって思ったの。青木先生のことは知ってて、授業はなかったんだけど、すげえなやべえなってとこは聞いてたから、あの先生の所ならいいかなって思って。」ごりちゃん「当時聞いていた青木先生の噂ってどんなのがあったんですか?」外山さん「1年の時の入学してすぐの学部オリエンテーションあったじゃん? そこで立ってて話していたのが、当時学科主任の青木先生。君たちはこれからマーケティングを勉強します。そこで質問をしたいんですって言いだしたの。もうやべえじゃん! その時点で」ごりちゃん「あーーーー。他の先生とはちょっと違うってすぐわかりますね」外山さん「で、そこで偶然俺が最後の方であたって、『どう思いますか!?』って言われたときに、俺経済勉強してたから『いや、新しい市場を探すんじゃないでしょうか』って言ったら、『その通りですね。すばらしい』って言ってもらって。そこでなんか、『あ、この人だな』って」おいちゃん「マッチングしたんですね(笑)」外山さん「あんまりやばいっていう噂はなかったよ(笑)」就職活動(転職活動)について―――新卒入社で非常に苦労をされ、昨年夏に退職。転職活動を得て今の会社に勤めている外山さん。前の会社の凄まじさからの、「今の会社大好き」というところをお伺いしました。ひらいで「就職活動についてお伺いしたくて、ご自身がどのような就職活動をしていたか教えてほしいです」外山さん「俺すげー適当にやってたんだよね。俺らの代は就活4月スタートで、就活サイトに登録したのが5月の真ん中」ごりちゃん「みんなより1歩遅かったんですね」おいちゃん「ごりちゃんみたいじゃん!」ごりちゃん「私は、10歩ぐらい(笑)」外山さん「本当にね、みんな就活の軸とか言ってるじゃん? 意味がわからなかった。駒澤に入ったときも青木ゼミに入ったときも、なるようになるタイプだったの。今もそういうとこあるんだけどね。なんだかんだ、環境に呼ばれるタイプ。最初あれだけど気付いたらなんかうまくまとまったりするんだ。だから就活もそんな感じだと思ってた。そしたら、ブラック企業に入っちゃった。まあそれがあるから今があるんだけど」―――ブラック企業あたりで若干おびえ始めるひらいで外山さん「せっかくマーケティング勉強したから使いたいなって。いろいろマーケティングの会社見たけど、リサーチとかテストとかは違うかなって」ごりちゃん「企画とかやりたかったんですか?」外山さん「そう。何かを回すとか。そういうことがしたかった。新卒入社した会社は引っ越し屋だったんだけど、このまま引っ越しだけやっててもだめだから、もっと事業を多角化したいって言ってて、いろんなことやってかなければいかないって段階に入ったって。今年の新卒から、3年をメドに新規事業を任せられる人材を育てたいって。お前はそれだからって言われて。すげーおもしろそうじゃん?」おいちゃん「3年以内に新規事業の事業部長ですもんね。すっげえ」外山さん「そう! それまでもそれなりに積めるしって思って」ごりちゃん「自分の成長に繋がると思ったからですか?」外山さん「そう。だから選んだ。でも、全然そんなことなかった。嘘だった。入ってやったのは、1日電話取る仕事。9-21で勤務して、昼休憩もほぼなかった。年間で90日間しか休みなかった。だから1年半の在籍で辞めた」ごりちゃん「完全にやめてから転職活動したんですか?」外山さん「うん。辞めるのが大事だと思って。もう駄目だと思って。死んじゃうと思って。ぶっちゃけ入社して2週間でやめたかった」おいちゃん「今の会社の良さを教えてください」外山さん「一番のいいところは、自分の会社や製品に自信をもてるとこかな。前の会社の引っ越しを使うべきだと思えなかった。でも今は世界中の人間がうちの工具使うべきだと思ってる。使わない意味がわからない」ごりちゃん「第2キャリアでこの会社を選んだ理由は?」外山さん「ここもフィーリング(笑)」ごりちゃん「人生の要所要所でフィーリングだったんですね」―――ごりちゃんも極めたらフィーリングいける気がしました。取材実行時、まだ就活中だったので、非常に勉強させていただきました!プライベートについて―――お酒とおつまみのマリアージュを非常に重要視する外山さん。最近関ジャニにはまり、ハコ押ししているそうです。入ゼミ時のレジュメ課題で6章分を手書きで書いて腱鞘炎に。そんな外山さんのプライベートを少しお伺いしました。外山さん「ノートでマインドマップで書いてるの」ごりちゃん「マインドマップをノート???」外山さん「そう。説明会とかでもそうやってた。社名を真ん中に書いて、得た情報をのばしてくの」ひらいで「そんな簡単にできる物なんですか?」外山さん「できるできる。やればできる。やってみたら以外と簡単。無意識に理路整然とまとめれるようになるから、おすすめだよ。ノートの罫線が邪魔でしょうがない」―――日常的にロジカルシンキングを鍛えられる手法を教えていただきました。成功経験は共有をもらったら即実行が主義なので、早速実行してみます!取材はとてもテンポよくお話させていただけたので、すごく楽しい時間を過ごさせていただきました。お休みの日に長い時間を本当にありがとうございました。あまりにも楽しい時間すぎて、お話に集中しすぎたため写真をとるのを忘れるという失態をしました。食べ合わせの話をした後に、日本酒×おでんの良さで共感したので、取材後行って参りました。本当に長い時間、ありがとうございます。2/16の萬会でまたお会いできるの楽しみにしています!

OBOG図鑑 No.4『毒舌ポケモンマスター』

青木ゼミの思い出についてーーー遠方にお住いのため、対面ではなく電話にて取材しました!青木ゼミのゼミ長を務め過ごした3年間からプライベートまで幅広くお伺いしました!!えりぴよ「お久しぶりです!今回は私の2つ上の先輩でとてもよくしてもらった齋藤勇輝さんにインタビューしたいと思います!最初にゼミ長を務めた経験もある勇輝さんは何がきっかけで青木ゼミに入ったのですか?」齋藤さん「市場戦略概説という必修の授業で青木先生のことを知って、ゼミ選びのときに表に書いてあったので応募してみました。」えりぴよ「入ってみて、青木先生との思い出で一番印象的だったことはありますか?」齋藤さん「初めての新歓合宿で大雪のため、遅れてきた先生が氷結のロング缶持って風呂どこだと聞いたことかな。あー選挙にでるって2回目言われた時も驚いたな。最近マイルドになったから想像もつかないと思うけど。」えりぴよ「私が入った年から先生は優しくなったとOBOGの方々よく聞きます!なんとなく先生の姿はお話から想像できますが、私からすると今でもちょっぴりこわいです。」齋藤さん「そうだと思います。」えりぴよ「実際に青木ゼミではどんなプロジェクトを行っていたのですか?」齋藤さん「メインでは“貝印”という企業と若者の食に関する企画・調査などを行っていました。また、4年生ではサブプロジェクトとして“マチサガ”というプロジェクトに所属していました。」えりぴよ「そういえば、掛け持ちしていましたね!私も勇輝さんの卒業後、マチサガプロジェクトに所属してました!企業の方と行政の方と農業を営む方々と…間を取り持つのはとても大変でしたが、土台を作っていてくださったので楽しかった思い出があります。ゼミを通して辛かった思い出とかありますか?」齋藤さん「やっぱりゼミ長としてみんなを引っ張るのが難しかった。何度もみんなが行きたくならないように、ゼミにくる理由を解いていたな。うまく表現できないけど、先生とゼミ生の間を取り持つのが本当に苦労したよ(笑)」えりぴよ「ものすごくわかります!(笑)私も執行部を務めていて、先生とゼミ生の間を取り持つというか…先生の熱?をゼミ生全体に伝えるのに苦労しました。うまく表現できないですけど…」齋藤さん「なんだろうね!やってみてわかるよね、この難しさ。あとはゼミの課題をやるごとに、自分のできないことに気がつかされて悩むことは多かったな。」えりぴよ「そうだったんですか!できることが多いイメージだったので意外です。」ーーーゼミ長にプロジェクトの掛け持ち等。非常に熱意をもって活動してらした齋藤勇輝さん。就職先が福島なのもあり、今年は夏合宿にもお越しいただきました。相変わらずな感じでした。プライベートについてーーー学生時代からとても「お酒」や「雑学」のイメージが強かった齋藤勇輝さんの社会人の今をお伺いしてきました。えりぴよ「プライベートについてもお聞きしたいのですが、お酒は好きですか?」齋藤さん「好きなほうですね。特にウイスキーが好きかな。」えりぴよ「ウィスキー…まだ飲めないでいるお酒の1つです…。よく飲みに連れて行ってもらった時もとてもお酒強くてすごいなって思ってました(笑)社会人になっても飲みに行かれることは多いんですか?」齋藤さん「会社の先輩とよく行きます。」えりぴよ「いいですね!最近のマイブームはありますか?」齋藤さん「ボリュームのあるご飯屋さん巡り(笑)」えりぴよ「!!!! 例えばどんなのとかありますか??」齋藤さん「ラーメン二郎の大(麺4玉、チャーシュー4枚、野菜いっぱい)とか。調子がいいいと食べきれるよ」

OBOG図鑑 No.1『おしゃべりくそやろう』

青木ゼミの思い出ーーー鬼ゼミと言われた青木ゼミ。選んだ理由から青木ゼミで過ごした3年間をお伺いしました!!ごりちゃん「お久しぶりです~、ごりちゃんです!今日は卒業して以来になる1個上の先輩でとってもお世話になった廣瀬賢人さんにインタビューしたいと思います!まず最初に青木ゼミを選んだ理由を教えてください」廣瀬さん「駒澤大学は志望校じゃなくて、1年過ごしてみて、このままじゃまずいと思って、大変な思いをしたほうがいいと思って選びました!当時のゼミ長になんか引っかかるものがあってぎりぎり受かりました(笑)」ごりちゃん「そうだったんですね~!青木ゼミの当時の活動、特にプロジェクトについてもっと聞いていいですか?」廣瀬さん「3年間、浮気せずに虎プロジェクトに参加してました。本気で稼ごうっていうプロジェクトで稼いだり稼げなかったりしてました」ごりちゃん「私も2年間、虎プロジェクトでした~。本当にお世話になりました!お金を稼ぐのって難しいですよね。次に青木先生との思い出も何かあれば教えてください」廣瀬さん「あんまりないんだけど~、2年の夏合宿の時に夜中に一緒に星を見に行ったのが思い出かな~先生は覚えてないと思うけど。先生の若い頃の話を聞いたなー」ごりちゃん「えー先生もですか!先生の数ある若い頃の伝説の中で印象に残ったことがあれば教えてください!」廣瀬さん「あ、ちょっと言えないです(笑)。でも当時の中学生時代のね、先生がヤンキーだったころのね(笑)」ごりちゃん「あっ(笑)。でしたら、次に尊敬する人を教えてください!」廣瀬さん「青木先生に決まってるじゃないですか~それ以外に答えるやつはいないよ~」ごりちゃん「ちなみにどんなところを尊敬なさってますか??」廣瀬さん「やっぱりバイタリティがね、凄いなあって、あとは思考と行動が同じ量ぐらいで凄い量やってるっていうのが尊敬できるなーあとは人に影響を与えられるっていうところが凄いよね」ごりちゃん「体力が凄いですよね(笑)」廣瀬さん「体力をつけたい!心身ともに(笑)オンオフしっかりしてるとこもまたいいしね」ーーー青木ゼミの思い出をたくさん伺いました。特に満天の星空エピソードは私もいた合宿なんですけど、ごりちゃんさっぱり覚えてなかったので、ちょっと羨ましかったです!

プロジェクト紹介 ~OBOG図鑑~

こんにちは。本日は後期から始めたプロジェクトである、『OBOG図鑑』の紹介をさせていただきます。『OBOG図鑑』とはこのプロジェクトは『Webサイトを通じた新しい縦の繋がりの構築』を目的としています。背景として、青木ゼミのいいところである『全学年共通して活動するため学年に限らず仲良くなれる』という点があります。毎年1回、OBOGと交流する萬会がありますが、週2回顔を合わせていた在学中に比べるとやはり少し疎遠になってしまいます。また卒業して2年以上たつと、現役の在学生と直接のかかわりがなく、萬会に足を運ぶのに躊躇いが生まれるように……。そこで今回、昨年度から作られた青木ゼミのブログを活用して、新しい縦の繋がりを構築しようとこのプロジェクトが立ち上がりました。ブログを通して、現役生とOBOGがより身近に感じられるようになればいいと思っています。活動内容9月24日から、7名で活動を始めました。実際、何をしているのかと言いますと、簡単にいうと、「OBOGに取材して、ブログに載せよう。図鑑みたいにしよう」です。内容としては、・OBOGに連絡をとり取材の許可および日程をもらう・取材内容をまとめる・掲載の体裁を決めるが大まかな活動です。実際の取材内容としては、①青木ゼミについて②就職活動について ③価値観について④プライベートについての大きく4つお伺いしています。ちなみになのですが、10月15日現在で8名の取材依頼全て快諾をいただいております。またすでに3名取材を実施させていただきました。突然のお願いに、お忙しいなかお時間をつくっていただき本当にありがとうございます。また遠方にお勤めの方も、取材をお願いさせていただければと思っております。現代っ子ですので、オンラインを駆使して実施させていただきます。その際はぜひ勤務地のいいところを教えてください。取材させていただきました内容は、こちらのブログで発信させていただきます。現役生は「こんなOBがいるんだ」と、OBOGの皆さまは「懐かしいな。元気かな」という目線で、ぜひ「会いたいな」と思ってもらえるよう一同全力で面白い記事を作成いたします。更新をお楽しみに!引き続きよろしくお願いいたします。