PROJECT

プロジェクトとは、ゼミ生がやりたいことを企画し、実行する活動です!

【サステナブルプロジェクト】

【プロジェクト概要】

 サステナブルの概念を学生に広めるべく、「大学生の、大学生による、大学生のための活動」を行う。

【メンバー構成】

全体6名:4年2名 3年3名 2年1名

【スケジュール】

5~7月中旬:大学生CSVビジネスコンテスト参加

7月下旬~年度末:学生に向けたサステナブル関連のイベント企画

また、年間を通してSNSを利用した広報活動を行う予定

【代表者の言葉】

 「サステナブル」という言葉を聞いたとき、「うわっ…意識高い系の人たちがよく言ってるよくわかんない言葉だ……」と思う方がほとんどだと思います。昨年度の私と全く同じです。

 ではそんな私がなぜこのサステナブルプロジェクトに参加し、あまつさえ代表をしているのか。答えは単純です。大きな夢を追いかけてみたかったのです。

 「サステナブル」という、言葉を一言で説明するなら、「環境・経済・社会の3分野からこの世界をより良いものにしていこうという概念」となるでしょう。つまり、サステナブルは世界規模の概念なのです。世界を変えてしまえるような大きな夢なのです。これが追わずにいられますか?少なくとも私には無理でした。

 サステナブルの実現は大きな夢ではありますが、私たち大学生でもできることがまだまだたくさんあることも分かっています。まずは一歩一歩地道に夢への階段を上がっていきたいと思います。


【食×学プロジェクト】

【プロジェクト概要】

 この食×学プロジェクトは昨年から活動を行っている継続プロジェクトです。

 このプロジェクトは「学生が食事を通して自己マネジメントできるようになる」ことを目標に活動するプロジェクトです。

 今年もこの目標を元にメンバー同士でアイデアだしから企画書立案(実行)までの活動を行っていきたいと思っています。


【メンバー構成】

全体4名:4年1名 3年1名 2年2名

【スケジュール】

4月~5月中旬  アイデア出し、アイデアのブラッシュ、企画内容の決定

5月中旬~5月末 企画に対しての情報収集

6月       企画書作成、外部に接触

7月       外部に企画書提案、ゼミでの最終発表準備、反省会

【代表者の言葉】

 私は昨年このプロジェクトに在籍し、たくさんのことを学び、挑戦することができとても有意義な学生生活を送ることができました。そして今年は後輩にこの経験したことを伝えていくとともに、メンバーが活動しやすい雰因気づくりをし、このプロジェクトをしっかり引っ張れるように頑張るのでよろしくお願いします。

 また私たちは学生の食事(健康)について考えていくプロジェクトです。現在、こ食者、コンビニ食の学生が多くなってきているのでこの問題を解決するためにもメンバーと協力して頑張っていきたいと思います。(伊藤)



【せたぷらプロジェクト】

【プロジェクト概要】

 せたぷらは「この街の魅力をたくさんの人に伝えたい!」そんな思いを持ったメンバーが集まった地域活性化に関するプロジェクトです。

 今年は世田谷区の活性化に向け、駒大生であることを活かした企画を考えていきます。地域の人、行政、他大学など世田谷の様々な人との繋がりを大切に、この街の魅力を発信していきます!


【メンバー構成】

全体6名:4年2名 3年2名 2年2名

【スケジュール】

〈4月〉顔合わせ、世田谷の調査

〈5月〉企画立案

〈6月~〉交渉

【代表者の言葉】

 自分の知らない街の魅力を再発見することができるだけでなく、企画を1から考えるので様々な力も身につきます。

 プロジェクトをたくさんの刺激が得られる場所に出来るように、メンバー全員で協力し1歩1歩実現に向けて進んでいきたいと思います! (大道)


【禅ブランディングプロジェクト(禅プロ)】

【プロジェクト概要】

 駒澤大学の一大プロジェクトである「禅ブランディング」に、学生目線からアイディアを出し、広報に取り組んでいくプロジェクト。

 駒澤大学を「禅」でブランディングするために、イベントや広報施策などを仕掛けていきます。

【メンバー構成】

全体7名:4年1名 3年3名 2年3名

【スケジュール】

4月~5月 禅文化の理解、企画考案

6月 企画詰め

7月 企画履行

【代表者の言葉】

 5年をめどに始まった禅ブランディング。3年目にして本格的に動き始めました。本年からは私たち学生も加わり、禅の魅力、そして駒澤大学の魅力を内外部に伝えていきます。

 「マインドフルネス」としてアメリカのエリート層にも浸透しつつある「禅」ですが、本学の学生からは「ダサい」「宗教臭い」「つまらない」と思われていることも事実です。また、現状では、駒澤大学へ入学した学生のうち1000分の1しか、本学が禅で有名な大学であることを知りません。私たちは禅のマイナスイメージをプラスイメージで覆し、「駒澤大学=禅」を広めるべく、企画を仕掛けていきます。

 まだスタート段階にあり今後どう動いていくかも手探り状態ですが、まずは内部から徐々に、禅や大学のイメージアップに取り組んでいく方針です。


【販促プロジェクト】

【プロジェクト概要】

 このプロジェクトでは「販促会議 企画コンペティション」に参加します。「販促会議 企画コンペティション」とは協賛企業から出される商品・サービスのプロモーションについての課題を受け、解決策となるアイデアを企画書形式で募集するコンテストです。

 入賞はもちろん目指しますがそれ以上にメンバーの成長を軸に置いたプロジェクトです! 

【メンバー構成】

全体9名:4年2名 3年3名 2年4名

【スケジュール】

<4月> オリエンテーション参加&企業分析

<5月> コンセプト決め&企画書作り

<6月> 企画書提出

<7月> 振り返り(企業プレゼン)

【代表者の言葉】

 販促コンペで入賞!というのはとても狭き門なんです!ですが、私たちのナイスチームワークで入賞を目指し全力で取り組んでいきたいです!!そのためには、メンバー一人一人がそれぞれ持つ力を存分に発揮する必要があります。それをうまく引き出せるように、また、私を含めメンバー全員がこのプロジェクトを通して成長が実感できるように、努めていきたいです!何よりかなりタイトなスケジュールでの活動になるため、タイムマネジメントを責任もってしっかりとしていきたいです!一回一回のプロジェクトの時間を大切に、楽しく、全力で、頑張っていきましょう!!(野崎)



【ファンズプロジェクト】

【プロジェクト概要】

 やりたいわけではないけれど、消去法で選ばざるをえないプロジェクトはやる気が出ない。では「やりたいこと」をプロジェクトにするにはどうしたらいいのか。そもそも、「やりたいこと」ってなんだろう。やりたいことを見つけ、プロジェクトとして立案し、他人を巻き込む。

 このプロジェクトは青木ゼミの『プロジェクト活動』を有意義なものにし、「2019年にはプロジェクト数を10にする」ことを目標とした、プロジェクト立案支援プロジェクトである。

【メンバー構成】

全体8名:4年5名、2年生3名

【スケジュール】

4月 顔合わせ・ルール決め・目標設定

5月 自己理解(好きなこと/やりたいことを知る)

6月 企画案ブラッシュアップ(アイデア出し/ニーズ調査/パートナー設定/プロジェクトの進め方)

7月 立案発表

【代表者の言葉】

 ファンズという名前は「好きで応援する(Fan)」と「楽しい(Fun)」という意味を込めました。せっかくの活動なのだから、楽しくやってほしい。好きなことをやってほしい。消去法で選ぶぐらいなら、自分でやりたいことを作ってしまえばいい。やりたいことを見つけて、背中を押したい。そんな気持ちから、今回プロジェクト立案支援というプロジェクトを立ち上げました。

 やることわりと虎プロだよねといろんなところから言われましたが、けしてパクリではないです。本当です。


【まちPALプロジェクト】

【プロジェクト概要】

まちPALプロジェクトは、2つの事業を行っていきます!

☆「多摩川キャンドルナイト 灯と人」とイベント実施

 昨年出場した大学生観光まちづくりコンテストで提出したプランを基に「多摩川キャンドルナイト灯と人」さんと共同でイベントを行います。昼にはワークショップを行い、夜にはキャンドルを並べて描いた地上絵を作り、川崎市で活動されているミュージシャンによる演奏をします。終日キッチンカーもあるので、食事しながら空間に酔いしれてください^^

日時:5/12(土)※雨天の場合は5/19(土)に延期

場所:二子新地のBBQ場近く(東急田園都市線二子新地駅より徒歩6分)

開催時間:11:00~20:00(予定)

☆種月館4階にある情報グループ学習室(PAO)を使った駒大の魅力向上

 今年新設された種月館の4階にあるPAOを効果的に利用したイベントを企画・運営し、駒澤大学の魅力を向上させることを目的に活動していきます。主な活動は、PAOの認知向上をのためにロゴ募集を行ったり、PAOでのイベント運営を行う人たち「PAOPAL」の募集を行ったりします!

【メンバー構成】

全体9人 4年3名、3年2名・サブ1名、2年3名

【スケジュール】

<4月>PAOのロゴ募集に関するポスター作り、掲示、ロゴ募集開始

<5月>ロゴ募集締め切り、投票開始、PAOPAL人員募集開始

<6月>ロゴ投票締め切り・結果発表

<7月>PAOPAL募集締め切り、PAOPALメンバー顔合わせ

【代表者の言葉】

 ゼロからな何かを作り上げるのはとても大変なことですが、形になった時は達成感だけではなく多くのものを得られると思います。そのために先輩、同期、後輩と切磋琢磨してイベント成功、PAOPALの組織を固めていきたいと思います!(阿部)